阿倍野区 大阪市で鍵開け、鍵の紛失などカギのトラブルならお任せください。24時間365日緊急対応 大阪の鍵屋【キーショップあべの】大阪府内全域対応いたします!
大阪 阿倍野で鍵のトラブルはキーショップあべの|TEL0120-80-5569

鍵交換・鍵修理・鍵取付・キーショップあべの
カギのトラブル
カギの交換
補助錠取付
カギの料金
キーショップあべの、お問い合わせ
キーショップあべの店舗情報
特定商取引法について
プライバシーポリシー
防犯対策グッズ
キーショップあべのからのお知らせ
キーショップあべのカギの豆知識
鍵の問合せ
レスキュー911
自分の用途に合った種類を・鍵の主要なタイプを把握しよう!

自宅や物置、物を管理しセキュリティ対策をするために欠かせないアイテムが鍵です。鍵と一言で言いますが、その種類は多岐にわたります。そして、それぞれの種類に異なる特色があります。タイプごとに異なるメリットデメリットがあるため、鍵を設置する際には自分の求めるセキュリティレベルを満たしているか、使い勝手がいいかなど、多様な視点で選ぶことが大事です。この記事では、一般的なシリンダー錠、より高度なセキュリティ対策のできるデジタルキー、小物の管理をする南京錠と分けて紹介します。

シリンダー錠
シリンダー錠

【ディスクシリンダー錠】
一般的なご家庭でよく使われている鍵です。広く普及しているので手軽に設置・利用できます。 しかし、ピッキングなどの不正開錠に弱い側面もあるでしょう。その手の専門家にかかれば5分程度で屋内侵入ができます。 セキュリティ上のリスクが高いので他の鍵に交換すべきです。

【ピンタンブラー錠】
ピンタンブラー錠も日本家屋でよく使用されている鍵です。タンブラーがピン上に配置されているので、ピンタンブラーと呼ばれます。ピンの形状開発が進化しているので、最近のものはピッキングされにくく改良されています。しかし、それでもセキュリティという観点から見ると弱いでしょう。防犯性の高い鍵に交換する、もしくは補助錠で強化するなどの対策をおすすめします。

【ディンプルシリンダー錠】
セキュリティ性の高いシリンダー錠として注目されているのが、ディンプルシリンダー錠です。ピンシリンダーが先に紹介したものと比較して複雑化されています。本数が多く複数方向にピンが刺さっているので、ピッキング対策の面でも安全です。鍵がリバーシブルになりますので差し込みやすくなります。新築・築浅の一戸建て、マンションで使用されることが多いでしょう。ただし、大手のメーカーのものでないと防犯性の低い物もありますので、注意が必要です。

【マグネットタンブラーシリンダー錠】
文字通り、鍵の側面にマグネットが埋め込まれた鍵のことです。タンブラーとマグネットが反発して、円筒が回転します。磁石がないと円筒が回転しないので、普通のピッキングで開錠することは不可能です。ただし、長年使い続けていると磁石の力が弱くなり、自分の鍵でも開かなくなってしまうこともあり得ます。

【ロータリーディスクタンブラー錠】
次世代のディスクシリンダー錠ともいえるような鍵です。ロッキングバーという内外の円筒を貫く部品とタンブラーが、従来のディスクシリンダー錠では一緒でした。しかし、ロータリーディスクタンブラー錠の場合、内部のパーツが別々なのでよりセキュリティ性が高まりました。一方、合鍵は正確にコピーしないと、合鍵を入れたときに抜けなくなってしまうこともあり得ます。コストパフォーマンスがよく広く普及している鍵です。

南京錠や小物鍵
南京錠や小物鍵

【ウォード錠】
ウォードと呼ばれる障害が鍵の内部に設置されていて、障害に当たらないようにして回転して開ける方式の鍵です。古代ローマからその原型があったといわれるほど、長い歴史があります。カバンやアンティーク小物、古いドレッサーなどの鍵として使用されることが多いです。ただし、システム的にみるとシンプルなので、簡単に開錠でき住宅などの建物の鍵として使用されることはあまりありません。

【レバータンブラー錠】
てこの原理を利用するタンブラーを開錠する仕組みの鍵です。アンティークの机の引き出しを見てみると、前方後円墳のような鍵穴の取り付けられているものもしばしば見られます。これがレバータンブラー錠です。こちらも古いタイプの鍵なので、比較的簡単に鍵がなくても開錠されます。しかし、住宅の鍵として用いられることはあまりありません。

【南京錠】
小さな錠前で持ち歩くことができるタイプの鍵です。掛け金を引っかけることでロックできます。鍵によって開錠するものもあれば、ダイヤル式で暗証番号にセットして鍵が開く仕組みのものもあります。古代中国ですでに使われていて、シンプルな割にはこじ開けるのが難しい鍵です。ただし、鍵が小さいのでうっかり紛失することのないように注意しましょう。

【クレセント錠】
窓によく設置されている、回転させることで開け閉めのできる鍵のタイプです。密閉度を高められるので防音性に優れます。しかし、元々セキュリティ対策の鍵ではありません。たとえば、窓の場合は周囲のガラスを割ってしまえば、外部から簡単に開けられます。ただし、最近ではクレセントに鍵を取り付ける、補助錠をつけて二重ロックにするなど防犯性の高い種類も登場しました。

デジタルキー
デジタルキー

【暗証番号錠】
従来の鍵によって開錠するのではなく、暗証番号を入力することで開くシステムです。鍵を持ち歩く必要がないので、鍵を紛失して入れなくなったり、勝手に合鍵を作られたりする心配もありません。ただし、しばらく使っていなくて暗証番号を忘れると、開けられなくなる恐れがあります。また暗証番号をメモすると誰かが盗み見て、開錠する恐れも考えられます。暗証番号の管理には細心の注意を払いましょう。

【カード錠】
ホテルに宿泊する際に、ドアに取り付けられているタグにカードを差し込む、カードをかざすことでドアの開け閉めのできるタイプの鍵です。鍵穴がついていないので、ピッキングなどの従来の不正開錠はできません。ホテルのほか、オフィスビルや賃貸物件でも取り入れられつつあります。定期入れやカードケースに入れて管理している人が多いですが、落としてしまえば開錠できなくなります。またカードに傷をつける、折ってしまっても使用できなくなるので注意が必要です。

【生体認証錠】
指紋や顔、静脈の形状などで個人を特定して開錠するシステムです。鍵を持ち歩く必要がなく、その人個体の情報をもとに開錠するので、他の人が不正利用しにくいメリットがあります。セキュリティ性はかなり高いですが、他の鍵と比較すると導入に多額の費用が必要です。一般家庭で導入する鍵としては現実的ではないでしょう。

【リモコンキー】
自動車の鍵穴に差し込まず、遠くから鍵に取り付けられているボタンを押して開錠する人もいるでしょう。このように、遠くからドアの開け閉めのできるのがリモコンキーです。リモコンキーを所持していれば、鍵を取り出さなくても、取っ手の部分のボタンを押すだけで開け閉めできる種類もあります。ただし、リモコンキーの場合、電池式なので電池切れを起こしているとドアが開かなくなるかもしれません。

このように一口で鍵といっても、いろいろな種類のものがあります。上でみたように、鍵そのものを使用しないキーレスタイプのものも登場しました。セキュリティに優れた鍵を設置したほうが安心です。ただし、セキュリティ性が高まれば高まるほど、どうしても費用もかかります。予算とセキュリティ性のバランスを考えて、自分の生活において最適な鍵の種類はどれか検討しましょう。

>> 一覧にもどる
合鍵
泥棒の手口
防犯対策


阿倍野区 大阪市で鍵開け、鍵の紛失などカギのトラブルならお任せください。24時間365日緊急対応 大阪の鍵屋【キーショップあべの】大阪府内全域対応いたします!
キーショップあべの
ご相談・お見積り無料:0120-80-5569
阿倍野区 大阪で鍵開け、鍵交換やカギの事で困ったら【キーショップあべの】 レスキュー911グループ

COPYRIGHT(C)2014 keyshopabeno CO.,LTD All Rights Reserved.