阿倍野区 大阪市で鍵開け、鍵の紛失などカギのトラブルならお任せください。24時間365日緊急対応 大阪の鍵屋【キーショップあべの】大阪府内全域対応いたします!
大阪 阿倍野で鍵のトラブルはキーショップあべの|TEL0120-80-5569
合鍵泥棒の手口

鍵交換・鍵修理・鍵取付・キーショップあべの
カギのトラブル
カギの交換
補助錠取付
カギの料金
キーショップあべの、お問い合わせ
キーショップあべの店舗情報
特定商取引法について
プライバシーポリシー
防犯対策グッズ
キーショップあべのからのお知らせ
キーショップあべのカギの豆知識
鍵の問合せ
レスキュー911
鍵トラブルの原因と対策
キーショップあべのには、カギがかかりにくい・開けにくい、カギの紛失や破損など、様々なお問合せが日々寄せられます。これらのカギのトラブルのよくある原因や対処法、またトラブルを防ぐための対策についてご紹介致します。
カギが回らない
ディンプルキー カギが回らなくなる、または回りづらくなるなどのカギのトラブルが発生した場合、原因として最も多いのが「汚れ」です。鍵穴の中にホコリ等のごみが入ってしまうというケースのほか、鍵に付着した手の油が鍵穴の中にまで回り、油汚れとして定着してしまうといったことがあります。
カギが回らない時、よく鍵穴に油を差すことで解決を図る方がいらっしゃいます。確かに一見滑りがよくなるように思えるのですが、鍵穴の中に付着した汚れが油によって固まってしまい、状態を余計に悪くしてしまうことにもなりかねません。また鍵穴に油を差すことは、錆が発生する原因になる場合もあります。
カギが回りにくい時は油を差すのではなく、むしろ油を落とすことを意識してください。市販のパーツクリーナー(アルコールで油汚れを取り除くもの)や鍵穴専用洗剤を使ってカギと鍵穴をお掃除することで、状況の改善が期待できます。
例えばディンプルキーの場合、凹みの部分に汚れが詰まることによって鍵が回らなくなる可能性があります。ディンプルキーは微妙な溝や凹みを鍵穴と噛みあわせて施錠・開錠するという構造になっていますので、汚れによって溝や凹みの高さが少しでも変わってしまうと、カギをかけることができなくなってしまうのです。このような事態を防ぐためにも、カギと鍵穴はなるべくきれいな状態を保つことが望ましいですね。

当社がカギのトラブルでご用命を受けた際も、第一にカギ本体と鍵穴の清掃を行っています。鍵穴の中の金属そのものに異変が起きている、カギが反り返ってしまっているといった場合はその限りではありませんが、清掃によりトラブルが解決するケースも多いのです。
また、例えば枯葉などの大きなごみが中に入り込み、外から取り出すことが困難な状態になっていることもあります。このような場合はシリンダーを取り外し、分解して異物を取り除くことで正常な状態に戻します。
当店では、修理が可能な症状に対して安易にカギの交換をおすすめすることはありません。症状を見極め最適な対処を行っておりますので、お客様の費用面でのご負担を最小限に抑えることが可能です。カギのトラブルでお困りの際には、安心してご依頼ください。
カギが折れた・曲がった
ディンプルキー 「カギが折れてしまった」「カギが変形してしまった」このようなカギのトラブルの原因としてよく見受けられるのが、カギをお尻のポケットに入れたまま座って曲がってしまったというケースです。このように破損や変形を招くばかりか、知らず知らずのうちに落として失くしてしまうリスクも高いため、カギを衣服のポケットに入れておくことはあまりおすすめできません。つい手軽なポケットに入れてしまうお気持ちは分かりますが、カギの破損やカギの紛失を防ぐためになるべく控えてくださいませ。
また複数のカギを同時にポケットに入れておく、または鞄やベルト等からぶら下げておくなどした際に、カギ同士がぶつかり合ってキズや欠けを生じてしまったという事例も少なくありません。日頃たくさんのカギを使い分ける必要のある方は、特に注意が必要です。

回りづらいカギを無理に回そうとして折れてしまった場合、例えば鍵穴の外にまだつまめる部分があるなど、簡単に取り出せる場合にはご自分で取り除いていただいても差し支えありません。ただし「折れた部分に接着剤を塗り、貼りあわせて引き抜く」「他のものを差し込み、引っかけて取り出す」といった方法を試すことは絶対にやめましょう。
例えば接着剤を使うことを試みた場合、はみ出た接着剤が周囲に付着することにより更なるトラブルを招きます。他のものを差し込む場合も同様です。差し込んだものがまた折れてしまい鍵穴の中に取り残される可能性があるほか、無理に力を加えることで鍵穴の中を傷つける・変形させるなど、事態をさらに深刻にしてしまう恐れがあるのです。
このようにシリンダー自体が破損してしまった場合は、カギのみならずシリンダーも含めて交換しなければならなくなり、費用も嵩んでしまいます。鍵穴の中でカギが折れて取り出せない場合はそのまま何もせず、鍵屋さんへご連絡なさることをおすすめします。

カギが回りづらいと感じた時は要注意です。もしもカギが歪んでいた場合、無理に回そうとすることでおかしな場所に力がかかってしまい、カギの折れやシリンダーの破損といった事態を招く可能性があります。
目視しづらい微妙な歪みによって、カギが回りづらくなっていることも十分に考えられます。回りづらいなと思った時点で、それ以上の無理は禁物です。
さらなるカギのトラブルを招かないためにも、症状が軽いうちに鍵屋さんに依頼しましょう。
施錠・開錠ができない
ディンプルキー カギそのものは問題なく差し込み、回すことができるのにカギが開かない・閉まらないという場合、シリンダーのさらに奥の「錠ケース」という部分が破損している可能性があります。錠ケースの中の部品が欠損している、もしくは外れてしまっている場合、カギは正常に機能しません。
錠ケースが破損していた事例では、それ以前から若干カギの固さを感じていたという方が多い傾向にあります。もしこのような症状を感じた場合には、お気軽にご相談ください。
カギそのものに問題がないケースとしては、ドアの傾きがあげられます。このような場合には、ドアの調整を行うことで対処します。ドアの端についている金具の調整のほか、経年による歪みが生じている場合にはドアそのものを削るといった処置を行うこともあります。

キーショップあべのでは、カギを開けることができず家に入れないという場合はもちろんのこと、反対に家に閉じ込められてしまったという場合にも、24時間迅速にご対応致します。深夜・早朝にこうしたカギのトラブルに見舞われてしまった際も、どうぞお気軽にご用命ください。
賃貸物件での鍵トラブル
ディンプルキー 当店ではできるだけカギやドアを傷つけない方法で鍵開け、開錠を行いますので、賃貸物件にお住まいの方もご安心ください。
ただし、どうしてもカギを破壊しないと開錠することができないケースも存在します。
カギやその周辺を傷つけなければならない状況で、貸主や管理会社の許可を得られていない場合には、トラブル防止の理念上お断りをさせていただく場合もあります。申し訳ありませんが、予めご了承くださいませ。
マンションやアパートなどの賃貸物件でカギのトラブルが発生した場合には、できるだけ修理のご依頼をされる前に管理会社へのお問い合わせをお願い致します。
カギを失くした
ディンプルキー 鍵を紛失した場合、鍵開けはもちろん、鍵穴から紛失した鍵の作成も承っています。
車やバイク、金庫、ロッカー、スーツケースなどの鍵開け、鍵作製もお任せ下さい。
特にお家のカギを紛失した、またはカギの入っている荷物が盗難に遭った等のトラブルが発生した場合には、防犯上できるだけ早くカギを交換なさることをおすすめ致します。
カギのメンテナンスと寿命
ディンプルキー カギのメンテナンスに関しては、何年おきに行うべきというような目安は存在しません。例えば特に何も意識していなくても、一度もトラブルに見舞われたことがないという方もいらっしゃいます。
目安としては、施錠・開錠の際、違和感がないかどうかに注目してみて下さい。何となくカギが回りにくい、固いなど、使い心地がいつもと違うと感じたらメンテナンスが必要です。クリーナーや潤滑剤を使ってお手入れを行いましょう。
またカギの寿命は、おおむね5年から10年です。ただし実際には、使用の頻度や使い方によって交換までの年数は異なってまいります。なるべくカギを長持ちさせるためには、保管に注意すること、無理に力を入れて回さないことを心がけましょう。
特にカギの変形を防ぐには、カギをお尻のポケットやお財布、小銭入れなどに入れない、束にした状態で持ち歩かない、また定期的な洗浄を施していただくことが肝要です。
合鍵
泥棒の手口
防犯対策


阿倍野区 大阪市で鍵開け、鍵の紛失などカギのトラブルならお任せください。24時間365日緊急対応 大阪の鍵屋【キーショップあべの】大阪府内全域対応いたします!
カギをなくした!カギをあけたい!カギの交換は「キーショップあべの」
ご相談・お見積り無料:0120-80-5569
阿倍野区 大阪で鍵開け、鍵交換やカギの事で困ったら【キーショップあべの】 レスキュー911グループ

COPYRIGHT(C)2014 keyshopabeno CO.,LTD All Rights Reserved.